Skip
15,000円以上国内送料無料 | FREE DHL SHIPPING WORLDWIDE FOR ORDERS 50K+ yen : Details
15,000円以上国内送料無料 | FREE DHL SHIPPING WORLDWIDE FOR ORDERS 50K+ yen : Details

MUSICAL FEATURES

Cnocは完全アナログ、電圧制御の2ステージのファンクション・ジェネレータです。西海岸のサウンド・シンセシス哲学により生まれたこの種のファンクション・ジェネレータは、従来のエンヴェロープ・ジェネレーターの機能をはるかに上回ります。AR, ASR, Loopingの3つのモード、正極ユニポーラー出力とバイポーラー出力を備えるCnocは、あらゆるパッチでその能力を発揮します。

  • AR、ASR、Looping、3つのエンヴェロープ・モード
  • アタックとリリースの各ステージの外部コントロール
  • 正極のユニポーラーとバイポーラー、2つの出力
  • アサイン可能なゲート出力
  • マニュアル・トリガーボタン
  • スルーリミッター機能
  • 2つの応答カーブ設定

HOW TO USE

Interface

 

マウスオーバーで各部の説明が表示されます

 


Patch Examples

West Coast Synth Voice

概要: シーケンサーがオシレーターに電圧を送ると同時にCnocをトリガーします。Cnocユニポーラー出力がウェーブフォールダーを開くことで、オシレーターの信号を通過させます。

オーディオ経路:

  • オシレーターのサイン波をウェーブフォールダーのオーディオ入力にパッチします。
  • ウェーブフォールダーの出力をモニターします。
  • ウェーブフォールダーのフォールド量を最小値に設定します。
  • ウェーブフォールダーの対称性バイアスを任意の位置に設定します。

コントロール経路:

  • シーケンサーの1V/Oct出力をオシレーターの1V/Oct入力にパッチします。
  • シーケンサーのゲート出力をSignal Inにパッチします。
  • ModeスイッチをARモードに設定します。
  • Response Curveスイッチを任意の位置に設定します。
  • ユニポーラー出力をウェーブフォールダーのCV入力にパッチし、対応するCVアッテネーターを任意の位置に設定します。
  • アタックリリースの各フェーダーを任意の位置に設定します。

East Coast Synth Voice

概要: キーボードがオシレーターに電圧を送ると同時にCnocをトリガーします。Cnocユニポーラー出力がフィルターとVCAを開くことで、オシレーターの信号を通過させます。より伝統的な東海岸パッチを作成するには、フィルター用とVCA用に個別のCnocモジュールを使用します。

オーディオ経路:

  • オシレーターの任意の波形出力をフィルターのオーディオ入力にパッチします。
  • フィルターのオーディオ出力をVCAのオーディオ入力にパッチします。
  • VCAのオーディオ出力をモニターします。
  • オシレーターの基礎周波数を任意の位置に設定します。
  • フィルターのカットオフ周波数を任意の位置に設定します。
  • フィルターのレゾナンスを任意の位置に設定します。
  • VCAのレベルを最小値に設定します。
コントロール経路:
  • キーボードの1V/Oct出力をオシレーターの1V/Oct入力にパッチします。
  • キーボードのゲート出力をSignal Inにパッチします。
  • ModeスイッチをASRモードに設定します。
  • Response Curveスイッチを右位置に設定します。
  • ユニポーラー出力をマルチプルに接続します。
  • CnocのCV信号のコピーのひとつをフィルターのカットオフCV入力にパッチし、対応するCVアッテネーターを任意の位置に設定します。
  • CnocのCV信号の2つ目のコピーをVCAのCV入力に接続し、対応するCVアッテネーターを任意の位置に設定します。
  • アタックリリースの各フェーダーを任意の位置に設定します。

CV Slew Limiter

概要: 前出West Coast Synth Voiceに適合するパッチです。シーケンサーの電圧がCnocを介して平滑化されることで、連続するノート間にポルタメント(グライド)効果を作成します。

オーディオ経路:

  • オシレーターのサイン波をウェーブフォールダーのオーディオ入力にパッチします。
コントロール経路:
  • シーケンサーの1V/Oct出力をオシレーターの1V/Oct入力に直接パッチせず、2台目のCnocSignal Inにパッチします。
  • Modeスイッチを左位置に設定してASRモードを選択します。
  • Response Curveスイッチを任意の位置に設定します。左位置のリニア応答を選択した場合、より明白な結果となります。
  • ユニポーラー出力をオシレーターの1V/Oct入力に接続します。
  • アタックリリースの各フェーダーを任意の位置に設定します。アタックフェーダーは上昇ノート間のポルタメント量を設定し、リリースフェーダーは下降ノート間のポルタメント量を設定します。

Quadrature Modulation

概要: このパッチは2台のCnocを使用します。一台目のCnocはワンショットの三角波ファンクションを生成するよう設定されます。リリース段で生成されたゲート信号が、一台目と同様にワンショットの三角波を生成するように設定された二台目のCnocをトリガーします。 二台目のCnocのリリース段で生成されたゲート信号が一台目のCnocを再トリガーします。この方法による循環するパッチングは、互いに90度ずつ位相のずれた2つの三角波を作成します。二台のCnocは互いを連続的に再トリガーし続けます。一方の三角波がウェーブフォールディング量をコントロールし、他方がフィルタリング量を変調することで、 直交の二重音色変調を作成します。

オーディオ経路:

  • オシレーターのサイン波をウェーブフォールダーのオーディオ入力にパッチします。
  • ウェーブフォールダーのオーディオ出力をフィルターのオーディオ入力にパッチします。
  • フィルターのオーディオ出力をモニターします。
  • オシレーターの基礎周波数を任意の位置に設定します。
  • ウェーブフォールダーのフォールド量を任意の位置に設定します。
  • ウェーブフォールダーの対称バイアスをを任意の位置に設定します。
  • フィルターのカットオフ周波数を任意の位置に設定します。
  • フィルターのレゾナンスを任意の位置に設定します。
コントロール経路:
  • 二台のCnocResponse Curveスイッチを左位置に設定し、リニア応答カーブを選択します。
  • 二台のCnocModeスイッチを左位置に設定し、ARモードを選択します。
  • 二台のCnocアタックフェーダーとリリースフェーダーを同等の位置に設定し、2つの三角波ファンクションを作成します。
  • 二台のCnocStage Gateスイッチを右位置に設定し、各々のリリース段で生成されるゲート信号を作成します。
  • 一台目のCnocGate出力を二台目のCnocのSignal Inに接続します。
  • 二台目のCnocGate出力を一台目のCnocのSignal Inに接続します。
  • 一台目のCnocユニポーラー出力をウェーブフォールダーのCV入力に接続してフォールディング量をコントロールします。対応するCVアッテネーターは任意の位置に設定します。
  • 二台目のCnocユニポーラー出力をフィルターのFM入力に接続し、対応するFMアッテネーターは任意の位置に設定します。
x