カテゴリー

XAOC Devices TIRANA II

カートに入れる
価格 : 24,900円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

XAOC

XAOC
 

Jacks & Knobs

4Step knobs and buttons

CV出力を設定するノブと、4ステップのボタンでGateからの出力のON/OFFを指定するボタンです。 ノブによるCV出力の大きさのレンジは裏のジャンパーにより、0~10V、-5V〜5V、0-5V、-2.5〜2.5Vが可能です。

ボタンは長押しによりリピート、ラチェット、クロックディバイド、ゲート/トリガーの4種類の項目が設定できます。詳細は下の説明をご覧ください。

Clock

CLOCKインプットにはステップを進める外部クロック信号を入力します。

Direction

トリガーを入力するとシーケンスの方向が逆になります。

Transpose

TRANSPOSEインプットには入力されたシグナルが4ステップのノブで指定されたCVに足されてCVアウトプットから出力されます。

reset

RESETインプットはトリガー信号を入力すると1ステップ目に戻ります。

Gate out

TRIGGERアウトプットからはボタンで指定されたトリガーシグナル(5V弱,10ms程度)のシーケンスが、

Cv out

CV OUTからはノブで指定されたCVのシーケンスが出力されます。

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。

MUSICAL FEATURES

TIRANA IIは、コンパクトでチェーン可能な4ステップゲート/CVシーケンサーです。DirectionやReset入力を持ち、Transposeインプットによるメロディの変調や、ステップのリピート機能ラチェット機能クロックディバイドなどの機能ももち、少ないステップから多彩なシーケンスを生み出します。
 

リピート/ラチェット機能

リピートは、指定した回数だけ同一のステップにとどまり、ゲートONの場合はクロックのたびにゲートを出力する機能です。ラチェットは、一つのステップに1クロック分しか滞在しませんが、1クロックの間に指定した回数だけゲートを連打する機能です。

これらを指定するには、まずリピートまたはラチェットを指定したいステップのボタンを長押しし、離した後に
  • リピート: 回数に対応したステップボタンを押す(3回リピートならステップ3ボタン)
  • ラチェット: 回数に対応したステップボタンを長押しする
としてください。
 

クロックディビジョンの設定

外部クロックをディバイドしてシーケンスのクロックにすることができます。
  • /2のディバイドならボタン1+2を長押し
  • /3のディバイドならボタン1+2+3を長押し
  • /4のディバイドなら1〜4全部を長押し
です
 

トリガー/ゲートの切り替え

ボタン1と4を長押しすることでGATE OUTからの出力をトリガーかゲートで切り替え可能です。ゲートを選択しているときのゲート長は入力クロックのゲート長と同じになります。
 

リセットタイミングの調整

シーケンサーでは、リセット信号がクロック信号に先行して入力されるとリセットした際にステップ2からスタートしてしまうことがあります。そのためTirana IIはリセット信号にレイテンシーを持たせることができます。レイテンシーの設定は、ボタン1を押しながら電源を入れ、
  • レイテンシー=0.35ミリ秒
  • レイテンシー=0.7ミリ秒
  • レイテンシー=1.4ミリ秒 (初期設定)
  • レイテンシー=2.8ミリ秒
のどれかを押して選択します

 
Format: Eurorack
Width: 6HP
Depth: 40mm
Current: 30mA@+12V, 5mA@-12V

Functions > XAOC Devices TIRANA II
Brands > XAOC Devices TIRANA II
EURORACK サイズ別 > 1HP-8HP > XAOC Devices TIRANA II
Brands > XAOC Devices > XAOC Devices TIRANA II
Functions > Clock / Sequencer > Trigger Sequencer > XAOC Devices TIRANA II
Functions > Clock / Sequencer > Sequencer > XAOC Devices TIRANA II

Chaining

チェーンする際は、マスターとして使うTirana以外はジャンパーを取り除き、ユニット間を付属する10ピンのリボンケーブル(付属)で繋ぎます。マスターと最終のスレーブをつないでいるループワイヤー(下図赤線)は、Tirana I(2016年以前のモデル)とTirana IIをチェーンする際にのみ必要です(Tirana IはTirana IIとチェーンするためにはファームウェアアップデートが必要です。方法については当店までお問い合わせください)。Clock/Reset/Transpose/Direction等はマスターのユニットのジャックにパッチングします。ステップごとの設定は各ユニットのノブやボタンで行います。

EXTERNAL LINKS

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート