Intellijel Designs Shifty

Out of Stock

Intellijel

Intellijel
 

Jacks & Knobs

Mode Select Switch

シフトレジスターモード、通常のボイスアロケーションモード(2ボイス〜4ボイス)を選択するスイッチです

Order Switch

ボイスアロケーションを行う順序を設定するスイッチ

Gate Input

ゲート入力。ゲートが入るたびにボイスのアロケーションや(シフトレジスターモードでは)出力CVのシフトが行われます。

オレンジのボタンはマニュアルでゲートを入力します。

TRK/SMP切り替えスイッチは、トラック&ホールドのようにゲートONの間CVが変化できるようにする(ピッチベンド等している場合に便利)か、サンプル&ホールドのようにゲートがONになった瞬間のみ変化させるかを選択します。

Reset

ボイスアロケーションのシーケンスを最初に戻します(CV1から変化するようにします)

CV Input

アロケーションする元になる、CVを入力します

Gate Out1 & CV Out1

1チャンネル目の出力。 ボイスアロケーションモードでは、新しく出力CVがアロケーションされるたびに入力ゲートと同じ長さのゲートが出力されます。シフトレジスターモードではシフトが起きるたびに各チャンネルのゲートが出力されます

Other Outputs

2〜4チャンネル目の出力

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。

MUSICAL FEATURES

Intellijel Shiftyは、1つのシーケンスからいくつかのボイスにピッチCV/ゲートのシーケンスを割り振っていくことのできる、ボイスアロケーションモジュールです。またシフトレジスターモードも搭載し、ボイスアロケーションモードとは異なるピッチ割り振りを行うこともできます。

ボイスアロケーションモードでは、ゲートが入力される度にCV入力の値がサンプルされ、そのCVの値が、現在CVが割り振られていない出力のどこかに割り振られます。ゲートの入力が続くと、4つのCV出力全てが割り振られます。その後にゲートが入力されると、どれか1つのCV出力が新しい入力CVに置き換えられ、その瞬間に同じチャンネルのゲート信号が出力されます(入力ゲートと同じ長さ)。どのCV出力が置き換えられるかはORDERスイッチによって設定可能です。スイッチによっては4出力ではなく、3出力や2出力でも使用可能で、2出力でも各ボイスの音色などを工夫すれば非常に面白いボイシングができるでしょう。

シフトレジスターモードでは、ゲートが入力される度に現在のCV出力が隣に移り、ゲートは各出力から毎回出力されます。ハーモニックなシーケンスから、コードなどを作るのにも便利でしょう(手始めに、ペンタトニックなノートシーケンスを入力すると比較的綺麗なコードが生まれます)。

基本的な使用法は、シーケンサーやキーボードからのピッチCVをCV INに入れ、ゲートをゲート入力にパッチします。各チャンネルから出力されるゲート信号を使いたいボイスのエンベロープ、ピッチCVをボイスの1V/Oct入力にパッチしてください。1つのノートシーケンスから、最大4つまでのボイスを重ねて鳴らすことが可能です。  
Format: Eurorack
Width: 6HP
Depth: 40mm
Current: 49mA@+12V, 4mA@-12V

Manual pdf (English)

Brands > Intellijel Designs > Intellijel Designs Shifty
EURORACK サイズ別 > 1HP-8HP > Intellijel Designs Shifty
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > Sample & Hold > Intellijel Designs Shifty

EXTERNAL LINKS

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート