カテゴリー

Erica Synths Pico VCO

価格 : 13,100円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

Out of Stock

Erica

Erica
 

MUSICAL FEATURES

Pico VCOは32種類の波形を選択可能なオシレーターです。波形のバンクは2つをスイッチで選択可能です。1バンクに16波形が入っています。また波形をCVでコントロールすることも可能です。またスイッチを切り替えてLFOとしても使用可能です。VCOの周波数レンジは30Hz-5kHz、LFOの周波数レンジは0.1Hz-20Hzです。
 
Format: Eurorack
Width: 3HP
Depth: 35mm
Current: 26mA@+12V, 4mA@-12V
English Manual Page(pdf)

Brands > Erica Synths Pico VCO
EURORACK サイズ別 > 1HP-8HP > Erica Synths Pico VCO
Functions > Oscillator / Sound Source > Oscillator (Digital) > Erica Synths Pico VCO
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > LFO > Erica Synths Pico VCO
Brands > Erica Synths > Erica Synths Pico VCO

Calibration

Pico VCOの1V/Octのトラッキングは、アナログオシレーターのようにトリマーを使用するのではなく、以下のプロセスを使用して行います。この調整は出荷時に行われているため通常は不要ですが、必要な場合には以下のように行ってください。(1Vと5Vを正確に出すツールが必要になります。クォンタイザーやキーボードのCV出力を使用してください)
 
  • Pico VCOの接続されているモジュラーシステムの電源を落とします
  • 1.000Vの電圧を出力します。キーボードであればC1を押したときのピッチCV出力が1Vになります。
  • Pico VCOのWAVEノブ、TUNEノブ両方を右いっぱいに回し、両方のスイッチを上側にします。
  • Pico VCOの電源をONにします
  • 上で作った1Vの電圧をPico VCOの1V/Oct入力にパッチします
  • VCO/LFOスイッチを下側に倒します。
  • 1Vで出力されていた電圧を5Vに変更します(キーボードのオクターブを上げる、クォンタイザーの入力電圧を上げる)
  • VCO/LFOスイッチを上側に上げます。これでカリブレーションは終了です

EXTERNAL LINKS

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート