カテゴリー

[SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)

カートに入れる
通常価格 : 49,900
価格 : 44,900円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

[SALE]

[SALE]
 

JACKS and KNOBS

CH A External Clock Input

Aの外部クロック入力です。入力があると内部クロックが解除され外部クロックに同期されます。

CH A Mix Output

Aクロックに属する4つの出力を、アッテインバータを通してミックスしたシグナル出力です。

CH A: Attenuverter

各出力にアテニュバーターが付いており、MIX OUTに送る分量を調整できます。中心にセットすることでMIX OUTに送る分量が0V、時計回りで加算、反時計回りで減算します。

CH A Individual Output

Aクロックで動く4つのLFSRの個別出力です。

CH A Internal Clock Control

Aの内部クロックのコントロールです。ノブとアッテインバータつきCVでコントロールできます。ボタンはクロックのレンジを切り替え、赤=ロー/オレンジ=ノーマル/緑=ダブルとなります。ダブルモードでは外部クロックのONのタイミング(ライズ)とOFFのタイミング(フォール)両方に反応します。

LENGTH/TAP LED

LENGTH/TAPエンコーダーが、選択しているLFSRのLENGTHとTAPのどちらを設定しているかを示します。

LFSR LED

選択しているLFSRのLENGTHとTAP位置を表示します。

Length/Tap Button

選択しているLFSRの設定対象をLENGTH/TAP間で切り替えます。

Output Select

Output Selectボタンを押しながらエンコーダーを回すことでLENGTH/TAP設定を行うエディット対象のLFSRを切り替えます。

またエンコーダーを2秒間長押しすることで現在のLENGTH/TAP設定を保存できます。設定をロードするときはエンコーダーを2回素早く押します。

CH B

出力がバイポーラーになりますが、それ以外はCH Aと同様です。

Seed Input

ゲートを送ることでデータの初期値を指すSEEDのリセットができるSEEDインプットです。8つのLFSR全てに作用します。

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。
  個数限定セール中!

MUSICAL FEATURES

Zorlon Cannonは、8つのリニアフィードバックシフトレジスタ(線形帰還シフトレジスタ/LFSR)を使ったサウンドジェネレータ/ゲートシーケンサーです。LFSRは名前こそ難しそうですが、LENGTHTAPの2つを設定するだけで、最大の特徴である周期性を持った擬似ランダムシーケンスの生成やデジタルノイズ、Atari 8ビットコンピューターのPOKEYサウンドチップと同じ音色が出せます。サウンド設定は中心のバーグラフに表示されロータリーエンコーダーで操作します。Zorlon Cannonの設定を自在に操作することで、最大16ビットまでのLFSRの音楽的かつ数学的な特質をコントロールできます。以下のような特徴があります。
  • ・クロックはAとBで独立です。
  • ・上段はゲートシーケンサー、下段はオーディオ用に最適です。
  • ・3つの周波数レンジに対応した内部クロックジェネレーター
  • ・クリーンなオーディオと同期用外部クロック入力搭載
  • ・外部クロックとの併用でPWMが可能(ライズとフォールに反応)
  • ・4チャンネルインバーター付きミキサーでバイポーラーシグナル生成可能
  • ・各LFSRは長さとタップの設定がエディット可能で、その設定は不揮発性メモリに保存可能です。エンコーダーを2秒間長押しすることで現在のLENGTH/TAP設定を保存できます。設定をロードするときはエンコーダーを2回素早く押します。
  • ・最長ではないタップシーケンス状態のシフトレジスタをリシードするゲート入力付き
Format: Eurorack
Width: 15HP
Depth: mm
Current: mA@+12V, mA@-12V
Manual pdf (English)

Functions > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)
EURORACK サイズ別 > 9HP-16HP > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)
SALE > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)
Brands > The Harvestman/Industrial Music Electronics > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)
Functions > Oscillator / Sound Source > Noise > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > Random > [SALE] The Harvestman Zorlon Cannon MKII (Model 1986-2)

DETAILS

HOW TO USE LFSR

8つの各LFSRは、クロックに同期したゲートシグナルのシーケンス(Bはバイポーラーのゲート)を出力します。生み出されるシーケンスは、LFSRごとにLENGTHTAP及びシードを設定すると決まりますが、この設定次第で、生み出されるゲートシーケンスの周期は数クロックから数万クロックにまでなります。このためクロックをオーディオレートまで上げていっても、周期(音程)を感じないデジタルノイズを作り出すことができ、パターンを感じないランダムゲートシーケンサーにもなります。周期が短くなるようなLENGTH/TAP設定の時は、ピッチ感のある音や周期的なゲートシーケンスを生み出すこともできます。

8つのLFSRは、上部の4つ(A)と下部の4つ(B)に大別されます。AとBのクロックは独立ですが、A内、B内のLFSRはクロックをシェアします。また4つのシグナルは符号反転も可能なミキサー出力もありますので、ミキサー出力からより複雑なノイズやデジタル波形を作ったり、複数のゲートシーケンスからポリリズムを生み出すことができます。  
 

EDIT

8個のLFSRはそれぞれが違ったLENGTH/TAP設定ができます。エディット対象のLFSRを選択するには、OUTPUT SELECTを押したまま、ロータリーエンコーダーを回していき、目的のLFSRのLEDを緑に点灯させてください。次にディスプレイの表示を確認しながらエンコーダーを回してLENGTHを設定します。LENGTHを設定し終えたらTAP/LENGTHを一度押し、エンコーダーを回すことでTAPを設定します。これらのパラメーターによって擬似ランダムゲートの周期が決定します。好みのエディットができたら、エンコーダーを2秒間押し続けることでフラッシュメモリに保存することができます。RANGEが一度点滅すると保存完了です。プリセットをロードするにはエンコーダーを素早く2回押します。
 

HOW TO USE LFSR DEEPLY

シフトレジスタとはデータを二進数(ビット)で保持し、保持されたデータがレジスタというデジタル回路の中を様々なシフトをしながら移動していくものです。もともとは歴史的には初期のコンピューターの様々なデータ処理で使用されたりしていました。LFSRとはそんな様々なシフトレジスタの種類の一つです(もっと細分化するとフィボナッチLFSRも出力できるガロアLFSRに該当します)。Zorlon Cannonの擬似ランダムシーケンスはLFSRの特徴を楽器としてモジュラーシンセサイザーでそのまま活かしたものです。

重要となるものがLFSRのビットのLENGTHとTAPです。LENGTHはLFSRのデータビットの長さを指します。点灯時にエンコーダーを回すと最長で16ビット、最短で1ビットまで選択できます。TAPとは排他的論理和を算出するためにデータビットに取り付ける分岐点のようなものです。点灯時にエンコーダーを回すとTAPの位置と数を選択できます。これらの二つのパラメーターをコントロールすることで擬似ランダムシーケンスの周期の長さを決定します。

以上に加えLFSRには次のような性質があるので、パラメーター設定に活かしてください。
  • ・LENGTH別に周期が最長となるTAPの位置が存在する
  • ・TAPの数が奇数の時はシーケンスの長さ及びアウトプットのピッチが変化する(SEEDにゲートを送ることで別の長さのシーケンスが選択される)
  • ・LENGTHが短いと周期が短くなる
  • ・初期値となるSEEDによってシーケンスが変わる
  • ・与えられたLENGTHに対して最長周期のTAP設定の時は、SEEDで作れる0と1の組み合わせ全てでシーケンスを組む
  • ・全TAPを奇数に設定してリズミカルにSEEDにゲート入力をすると予測不能なシーケンスができる
  • LENGTH別に周期が最長となるTAPの設定は以下の通りです。
    • LENGTH=3BITの時: TAP位置3, 2 (周期7クロック)
    • LENGTH=4BITの時: TAP位置4, 3 (周期15クロック)
    • LENGTH=5BITの時: TAP位置5, 3 (周期31クロック)
    • LENGTH=6BITの時: TAP位置6, 5 (周期63クロック)
    • LENGTH=7BITの時: TAP位置7, 6 (周期127クロック)
    • LENGTH=8BITの時: TAP位置8, 6, 5, 4 (周期255クロック)
    • LENGTH=9BITの時: TAP位置9, 5 (周期511クロック)
    • LENGTH=10BITの時: TAP位置10, 7 (周期1023クロック)
    • LENGTH=11BITの時: TAP位置11, 9 (周期2047クロック)
    • LENGTH=12BITの時: TAP位置12, 11, 10, 4 (周期4095クロック)
    • LENGTH=13BITの時: TAP位置13, 12, 11, 8 (周期8191クロック)
    • LENGTH=14BITの時: TAP位置14, 13, 12, 2 (周期16383クロック)
    • LENGTH=15BITの時: TAP位置15, 14 (周期32767クロック)
    • LENGTH=16BITの時: TAP位置16, 14, 13, 11 (周期65535クロック)

EXTERNAL LINKS

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート