Make Noise Echophon

Out of Stock

価格: 46,900 円(税抜/Tax Excl.)

Make

Make
 

JACKS and KNOBS

Signal Input / Feedback Input

上がシグナルインプット、その下がフィードバックさせたシグナルを戻すためのインプットです。

Level Control

シグナルレベルのコントロール用ノブ

Mix Knob

ドライ信号(アナログパス)とウェット信号のミックスノブ.その左のジャックはミックスCVインプットです。

Outputs

上からミックスシグナルのアウトプット、フィードバックさせたいシグナルのアウトプット、エコータイミングと同期したクロックシグナルのアウトプットです。

Pitch Knob

エコーのピッチをコントロールするノブです。

Depth Knob

ピッチシフトのインデックスノブ

Depth Attenuator

Depth CVのアッテネータです。

Pitch CV Attenuator

ピッチCVのアッテネータ(±)です。

Depth CV / Pitch1 CV/ Pitch2 CV

左からDepth CV (0-5V)インプット、Pitch1CV (±4V)インプット、Pitch2CV (±2V)インプットです。Pitch2は1V/Octで4オクターブです。

Internal Feedback section

Echophon内部での2種類のフィードバック経路をコントロールするセクションです。青いノブを左に回すとピッチシフトしながらディレイ音がフィードバックします。右に回すとエコーを通りながらフィードバックします。

ジャックはフィードバックコントロールのCVインプット、白いノブはそのアッテネータです。

Freeze

ボタンを押すとエコーをかける音がそのままの音でフリーズします。ジャックはフリーズさせるためのゲートインプットです。

Time Knob

エコーの時間をセットするノブです。Tempo Inputにクロック入力をいれていないときはエコータイムはスムーズに変化しますが、Tempo Inputにクロック入力があるときはそのクロックにシンクした形で(Divide/Multiply)エコータイムが変化します。

Time CV Attenuator

エコータイムのCVアッテネータです。

エコーCV

エコータイムのCVインプットです。

Tempo Input

エコータイムを合わせるためのテンポクロックインプット。

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。

MUSICAL FEATURES

 
日本語マニュアルあります。

EchophonはSoundhack作成者でもあるTom ErbeのDSPプログラミングによるピッチシフトエコーです。

エコーのフィードバックはピッチシフトするフィードバック、エコーフィードバック、外部フィードバックの3種類のループをもち、TEMPOインプットにクロックを入力することで、テンポに同期したエコーを発生させることも可能です。フリーズ機能も合わせて使用することで、エコーを超えた効果を生み出すことができます。
 
Format: Eurorack
Width: 20HP
Depth: 30mm
Current: 70mA@+12V, 40mA@-12V
日本語マニュアル
Manual pdf (English)

Brands > Make Noise > Make Noise Echophon
EURORACK サイズ別 > 17HP-24HP > Make Noise Echophon
Functions > Effects > Make Noise Echophon
Functions > Effects > Delay / Chorus > Make Noise Echophon
Functions > Effects > Pitch Shifter > Make Noise Echophon

EXTERNAL LINKS





  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート