カテゴリー

[Pre-Order] Mannequins Just Friends

カートに入れる
価格 : 48,800円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

[Pre-Order]

[Pre-Order]
 

Jacks & Knobs

Intone Knob

各出力の周期や時間(Shapeモード時)、周波数(Soundモード時)の6つの出力間での比をコントロールします。ノブが真ん中で全ての出力の時間や周波数が同じになり、右に回すと、出力は右に行くほどスピードが速く(周波数は高く)なるようになっていき、右に回し切るとShapeモード時スピードはちょうどクロックディバイドされた関係になり、Soundモードの時は周波数が1倍、2倍・・・6倍となり6次までの倍音が出力されるようになります。真ん中より左に回すと、出力は右に行くほどスピードが遅く(周波数は低く)なるようになっていきます。

Time Knob

Identityからの電圧の、周期や時間(Shapeモード時)または周波数(Soundモード時)をコントロールします。

Ramp Knob

波形の上昇と下降の比率をコントロールします。右いっぱいでディケイ0の上がっていく波形、左いっぱいでアタック0の下降波形になります。真ん中でアタックとディケイが同じ長さになります。また変化の仕方はCurveコントロールの位置にも依存します

FM Attenuator

周波数(TIME)コントロールに対するCV(リニア、Thru Zero FM)のアッテネータ。ただし真ん中でゼロで、右に回すと6つ全ての出力のTIMEをFMしますが、左に回すとIdentityのTIMEはFMしません。

Curve Knob

出力波形の、カーブの曲がり具合を調整します。Rampが真ん中の時は、Curveを右に回し切るとサイン波、真ん中の時は三角波になります。またCurveを一番左に回すとパルス波となり、この時はRampがパルス幅をコントロールします。

Switches

動作する時間レンジを切り替えるSound/ShapeスイッチがSoundモードの時は10Hz〜6200Hz(CVも使うと1秒〜24kHz)で電圧は-5V〜5V、Shapeモードの時は4秒〜160Hz(CV使用で30秒〜2500Hz)で電圧が0〜8Vです。

左は波形トリガーのモードを切り替えるTransient/Sustain/Cycleスイッチです。Transientモードでは各スロープごとに独立したトリガー入力により対応するエンベロープを1回立ち上げます。エンベロープ起動中に受けたトリガーはアタック、ディケイ時に関わらず全て無視されリトリガーされません(Run入力にパッチするとこのりトリガー基準をコントロールできます)。Sustainモードでは入力ゲートがONの間はエンベロープが100%の高さでサステインされ、OFFになってからディケイ(リリース)します。Cycleモードではアタック→ディケイのエンベロープを繰り返しLFOとなり、個々のトリガー入力によりLFOのスタートがリセットします。

Ramp CV In

RampコントロールのCV入力

FM Input

TIMEをモジュレーションするFM入力

1V/Oct Input

Timeコントロールに対する1V/Oct入力。

Intone CV Input

IntoneコントロールのCV入力

Curve CV

CurveコントロールのCV入力

Mix Output

6つの出力全てをミックスして出力するジャック

Trigger Inputs

各スロープに対するトリガー入力。エンベロープのトリガー、LFOのリトリガー、オシレーターのリセット(ハードシンク)などに使用します。各トリガー入力は左隣のトリガー入力に内部結線されており、例えば6Nにパッチすると全てのチャンネルが同時にトリガーされます。この時5Nにパッチすれば左にはトリガーの内部結線は流れません

Outputs

Identity〜6Nまで、個々のスロープ出力とその電圧の強さを表すLEDです。

Run Input

Run入力にパッチすることで、モードごとに異なるパラメータが追加され、場合によっては完全に振舞いを変えます。この入力へのCVによって追加パラメータをコントロールします。各モードでのRun入力の機能については、下の説明を参照してください。

こちらは次回入荷分の予約用ページになります。商品をカートに入れ、通常の購入手続きを行って予約を完了してください。お支払い期限はこちらへ入荷後5日となります。5月上旬〜中旬入荷予定。This page is for pre-orders. Payment is due within 5 days from the arrival day. ETA: Early~Mid May

MUSICAL FEATURES

Just Friendsは、同時に6つの電圧の流れを生み出す事ができるポリフォニックなスロープ(ファンクション)ジェネレーターです。出力スロープはスイッチによってその動作する時間や電圧のレンジをグローバルに切り替え、エンベロープやLFO、オシレーターとして使用することができます。各出力は独立してトリガーやゲートを受けることができますが、波形のパラメータ(RampとCurve)は共通で、スロープのスピード(TIMEとINTONEで決定)は6つがお互いに関連を持って動きます。

Sound/Shapeスイッチによって動作する時間や電圧のレンジが変わります。Soundモードの時は10Hz〜6200Hz(CVも使うと1秒〜24kHz)で電圧は-5V〜5V、Shapeモードの時は4秒〜160Hz(CV使用で30秒〜2500Hz)で電圧が0〜8Vです。

もう一つのスイッチが、波形トリガーのモードを切り替えるTransient/Sustain/Cycleスイッチです。モードごとに、次のような用途が考えられます。
  • ポリフォニックエンベロープ(Shape+TransientまたはShape+Sustainモード時): Transientモードでは各スロープごとに独立したトリガー入力により対応するエンベロープを1回立ち上げます。エンベロープ起動中に受けたトリガーはアタック、ディケイ時に関わらず全て無視されリトリガーされません。Sustainモードでは入力ゲートがONの間はエンベロープが100%の高さでサステインされ、OFFになってからディケイ(リリース)します。

    トリガー入力は左隣の入力へ内部結線されているので、同時に複数のエンベロープを立ち上げるのも簡単です。6出力のスピードが共通してコントロールできるのでポリフォニックなパッチに使用しやすいでしょう。各バンドのゲインCVがついているようなスペクトラルプロセッサーなどにも使えるでしょう
  • 6出力LFO(Shape+Cycleモード時): Cycleモードではアタック→ディケイのエンベロープを繰り返しLFOとなり、個々のトリガー入力によりLFOのスタートがリセットします。フェージングからクロックディバイドまで、チャンネル間の関連性をスムーズかつ大胆に変更できます
  • 6次倍音まで出力するハーモニックオシレーター(Sound+Cycleモード時):CycleモードでSoundモードの時はオーディオレートで波形を繰り返すのでオシレーターとなります。Intoneを右いっぱいに回すと、6つの出力がそれぞれ1次・2次・3次・・・6次倍音となります。Intoneが真ん中の時は6つが全て同じ周波数となり、少し左右に回すことでデチューンしたユニゾンとなります。各トリガー入力はサイクルのリセットなのでハードシンク入力となります(グリッチします)
このように、モードの切り替えに加えてIntoneやリトリガーされない性質、トリガー入力の内部結線、Intone FM・・・などのユニークな機能のおかげで、それぞれのモードで非常に柔軟なコントロールが可能となり、パッチングの可能性を広げます。

そしてRun入力にパッチすることで、モードごとに異なる、更に進んだ次のような強力な機能が追加されます。追加機能に固有のパラメータをRunへのCVでコントロールします。
  • Shape/Transient時(Shift: リトリガー不可時間のコントロール) -エンベロープ立ち上がり中、リトリガーされない時間帯はエンベロープがスタートしてからある時間までとなり、その終わりの時点をRunがコントロールします。(Runにパッチされていない時はエンベロープが終わる時点までリトリガーされず、Run=5Vに対応します)
  • Shape/Sustain時(Strata: サステインレベルのコントロール) RunにパッチすることでエンベロープをADSRタイプにし、サステインレベルをRunがコントロールします
  • Shape/Cycle時(Volley: バースト回数のコントロール) Runにパッチすることで各出力がバーストジェネレーターとなり、各出力はトリガーを受けるたびにRunで設定した回数だけサイクルを行い、とまります。
  • Sound/Transient時(Spill: 2N以上のリトリガー不可時間のコントロール) Identityがサイクルを終わるたびに他のスロープをトリガーします。リトリガー不可能な時間帯をShiftコントロールと同様にコントロールします。
  • Sound/Sustain時(Plume: LPGレスポンスのコントロール) トリガーを受けるたびに、各出力からはCycle時のオシレーター音を、シミュレートしたLPGでゲートしたサウンドを出力します。サウンドのディケイやエンベロープ反応の特性がRunによって変わります
  • Sound/Cycle時(Floom: FMモジュレーターのピッチコントロール) 各チャンネルのオシレーターは、個別に用意された仮想的なセカンダリーオシレーター(モジュレーター)からFMをうけられるようになります。FMアッテネータがインデックスコントロールになります。Runは仮想オシレーターの周波数を、キャリアオシレーター(各チャンネルのオシレーター)の1/2〜2倍の範囲でコントロールします
 
Format: Eurorack
Width: 14HP
Depth: 32mm
Current: 96mA@+12V, 30mA@-12V

Manual (English)

EURORACK サイズ別 > 9HP-16HP > [Pre-Order] Mannequins Just Friends
Functions > Oscillator / Sound Source > Oscillator (Digital) > [Pre-Order] Mannequins Just Friends
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > Envelope Generator > [Pre-Order] Mannequins Just Friends
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > LFO > [Pre-Order] Mannequins Just Friends
Brands > Mannequins > [Pre-Order] Mannequins Just Friends

External Links

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート